コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平衡断面 へいこうだんめんprofile of equilibrium

岩石学辞典の解説

平衡断面

浸食作用と堆積作用が釣り合った時の地表の輪郭[Twenhofel : 1939].大陸の河川縦断面は上流ほど次第に急傾斜となり,下流ほど緩傾斜で,河口付近では水平に近く,海面に対してほぼ漸近線を示すことが多い.このような河川の縦断面は一つの安定した曲線で,全体として平衡状態の河川断面として理解されており,これを平衡断面という[木村ほか : 1973].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

平衡断面の関連キーワード浸食作用

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android