コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年貢割付 ねんぐわりつけ

3件 の用語解説(年貢割付の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ねんぐわりつけ【年貢割付】

江戸時代、地方三帳の一。決定された租税の額を、村方へ通告する帳簿。年貢割付帳。年貢可納おさむべき割付。下げ札。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

年貢割付
ねんぐわりつけ

年貢可納(おさむべき)割付のこと。地方(じかた)三帳の一つ。本途物成(ほんとものなり)、小物成、口米(くちまい)・口永(くちえい)、およびその年に納むべき品々を書き出した帳簿で、村方に通達した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の年貢割付の言及

【年貢割付状】より

…御成箇割付(おなりかわりつけ),可納割付(かのうわつぷ),免状,下札(さげふだ)ともいう。幕領代官所には年貢割付あるいは下帳・元帳という台帳が作成される例があり,成箇郷帳(なりかごうちよう)(取箇郷帳),年貢皆済目録(ねんぐかいさいもくろく)とともに地方(じかた)三帳と称し,農村支配のための基本的な年貢徴収の帳簿であった。毎年,秋の収穫前に検見(けみ)を行い,その結果にもとづいて作成される。…

【村請】より

…日本の近世において,領主が農民に課する年貢,諸役を,村ごとにまとめて提出すること。近世の領主は年貢徴収にあたり,その書類(年貢免定(めんじよう),年貢割付(わりつけ))を領内の個人あるいは個々の家にではなく,村ごとに出した。それを受けた村役人は,所定の年貢を村内の家ごとに小割(こわり)し,それらを村としてまとめて領主に納めた。…

【村方文書】より

…これをもとにして,幕末までにさまざまな土地台帳が作成された。 年貢関係文書の中心は一般に年貢免定(めんじよう)あるいは年貢割付(わりつけ)と呼ばれる年貢徴収令状である(年貢割付状)。これは年に1本村に下付されたもので,村はこれに基づいて年貢を納めた。…

※「年貢割付」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone