本途物成(読み)ほんとものなり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本途物成
ほんとものなり

江戸時代,小物成 (雑税) に対し,田畑の本来の物成すなわち年貢をいい,石高に応じて主として米で納めた。ときに大豆その他雑穀で納めることもあり,また代金納 (→銭納 ) された地方もある。物成とも呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほんとものなり【本途物成】

江戸時代の年貢で,田・畑・宅地など検地によって高に結ばれた土地に賦課された本年貢で,たんに本途または物成とも略す。同じく農民に賦課されたものであっても,山野・河川の用益に課せられた小物成(こものなり),冥加(みようが)・運上金などの浮役(うきやく),普請・助郷(すけごう)などに夫役(ぶやく)を提供する諸役と区別される。通例,田方の物成は米の現物納であり,畑方の物成は石高(こくだか)で算定されても金銀で代納されることが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほんとものなり【本途物成】

江戸時代、田畑や屋敷など農民の名請地を対象として付課された年貢。一六世紀末から一七世紀初頭にかけて雑税の一部分が小物成として年貢に組み込まれたため、本来の年貢に対する呼称として用いられた。 → 物成

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本途物成
ほんとものなり

江戸時代、田畑に課した本年貢のこと。単に本途、物成ともいい、取箇(とりか)、本免、本途取米(とりまい)ともいう。諸雑税である小(こ)物成(小年貢)に対する。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ほんと‐ものなり【本途物成】

〘名〙 江戸時代、田畑や林野に課される本年貢。単に物成ともいう。山手、川手、野銭などを小物成というのに対する語。成箇(なりか)。取箇。本途取米。本途。本免。〔地方凡例録(1794)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の本途物成の言及

【小物成】より

…広義には,江戸時代における雑税の総称。検地によって高に結ばれた田畑から生ずる生産物を対象に賦課した租税を本途(ほんと)物成(本年貢)と呼ぶのにたいし,これ以外のすべての雑税を小物成と称した。その由来は荘園制下の公事(くじ)にあるといわれている。…

【年貢】より

…したがって,年貢だけをとりあげて荘園における農民の負担をみてはならない。【泉谷 康夫】
【近世】
 通例は田,畑,宅地など検地によって高請(たかうけ)された土地に賦課される農民の負担分(本年貢,本途物成(ほんとものなり))を指すが,広義には本年貢の付加税(口米(くちまい),欠米(かんまい)など),山林,原野,河海の用益に課された小物成(こものなり)(山手米(やまてまい),野手米(のてまい),川船年貢,塩浜年貢など),臨時の雑税である浮役(うきやく)(酒屋運上(さかやうんじよう),質屋冥加永(みようがえい)など)など,広く農民の生業に対して賦課されたものを含む。ただし河川普請(ふしん)役,助郷(すけごう)役などの夫役(ぶやく)負担は,諸役と称して年貢と区別するのが一般である。…

※「本途物成」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報