コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年貢割付状 ねんぐわりつけじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

年貢割付状
ねんぐわりつけじょう

江戸時代,領主が村単位に年貢割付けた令状。割付 (わっぷ) ,免状,御取箇 (おとりか) などとも称し,時代により形式,内容に差があるが,村高,引高,有高,免 (率) ,租額,納入時期などを記す。毎年秋の収穫時に出され,各農民の負担分を計算する基礎となった。収納が終ると年貢皆済目録が交付された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

年貢割付状【ねんぐわりつけじょう】

江戸時代,領主が秋の収穫前に実施した検見(けみ)によって決定したその年の年貢高を,村宛てに通達した徴税文書。村ではこの帳に基づいて,持高に応じ家ごとの年貢負担額が決定された。
→関連項目年貢

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ねんぐわりつけじょう【年貢割付状】

江戸時代,幕領であれば代官,藩領であれば郡奉行(こおりぶぎよう)など出先の農政役人が定めたその年の年貢高を,村に通達する文書。御成箇割付(おなりかわりつけ),可納割付(かのうわつぷ),免状,下札(さげふだ)ともいう。幕領代官所には年貢割付あるいは下帳・元帳という台帳が作成される例があり,成箇郷帳(なりかごうちよう)(取箇郷帳),年貢皆済目録(ねんぐかいさいもくろく)とともに地方(じかた)三帳と称し,農村支配のための基本的な年貢徴収の帳簿であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の年貢割付状の言及

【古文書】より

…また近世は新たな様式の文書が多量に発生し,文書,記録,編纂物の区別は必ずしも明確にしえない。授受関係を伴う文書に検地帳,宗門改帳,村入用帳(むらにゆうようちよう),勘定帳など帳簿形式のものが多く,年貢割付状も3枚以上の継紙のものは寛政期(1789‐1801)に帳簿仕立てを命じられている。 江戸幕府文書は維新変革,皇居火災,関東大震災など総じて滅失したものが多い。…

【下札】より

…とくに稟議書類において各人の修正意見を表明する場合によく見られる形式である。なお,地方によっては年貢割付状を下札と呼んでいるところがある。【笠谷 和比古】。…

※「年貢割付状」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

年貢割付状の関連キーワード伝馬宿入用地方三帳六尺給米地方文書年貢割符江戸時代小物成

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android