コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地方三帳 ジカタサンチョウ

4件 の用語解説(地方三帳の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じかた‐さんちょう〔ヂかたサンチヤウ〕【地方三帳】

江戸時代、年貢徴収のうえで最も重要な3種の帳簿。郷帳年貢割符年貢皆済目録の三帳をいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

地方三帳【じかたさんちょう】

江戸時代,年貢(ねんぐ)徴収のため幕府が作成した基本帳簿である成箇(なりか)郷帳(取箇(とりか)郷帳ともいう),年貢割付年貢皆済目録の三つをいう。成箇郷帳は各村の本途物成小物成高掛物など一切の課税対象高,反別租額,定免検見(けみ)の別などを記す。
→関連項目年貢年貢割付状

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

じかたさんちょう【地方三帳】

江戸時代、年貢徴収のための基本的な三つの帳簿。取箇とりか郷帳・年貢割付・年貢皆済目録の三帳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地方三帳
じかたさんちょう

江戸幕府の代官が年貢徴税事務上作成した諸帳簿のうち、村方よりの年貢徴収において基本となった3種の帳簿。「成箇郷帳(なりかごうちょう)」「年貢可納(おさむべき)割付(わりつけ)(年貢割付)」「年貢米金皆済(べいきんかいさい)目録」をいう。成箇郷帳は、村ごとに取箇(とりか)(年貢)ならびに上納額が定まった小物成(こものなり)(雑税)を記した年貢徴収基本台帳。この台帳には、付加税である口米(くちまい)・口永(くちえい)、出目米(でめまい)・延米(のべまい)、ならびに年々増減する諸運上(うんじょう)・分一(ぶいち)・臨時物は記載されない。年貢割付は、本途(ほんど)物成、小物成、口米・口永、ならびにその年に納めるべき品々を書き記して、代官所から村々へ出された年貢賦課状。これは名主(なぬし)を勤めた家に多く残されている。年貢米金皆済目録は、代官支配所領域の石高(こくだか)、本途物成、小物成、高掛物(たかがかりもの)、見取、口米・口永、諸運上、そのほか払物代金などを一口限りに合計して記した帳簿。これは、代官が村々から徴収した年貢米や年貢金を浅草御蔵(おくら)や江戸御金蔵(ごきんぞう)へ納入したのち、年貢米金皆済目録を帳面に仕立て、代官が調印し、御殿皆済方へ提出した。村々へはその年貢が完納されると村方皆済目録(年貢皆済目録)が出されたが、それを総計したものが年貢米金皆済目録と考えられる。[川鍋定男]
『大野瑞男「幕府勘定所勝手方記録の体系」(『史料館研究紀要』第5~7号所収・1972~74・文部省史料館) ▽大石久敬著、大石慎三郎校訂『地方凡例録 下』(1969・近藤出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の地方三帳の言及

【地方】より

…地方勘定帳は代官所において毎年作成する租税を主とする決算帳簿である。なお,地方三帳は成箇郷帳(なりかごうちよう),年貢割付,年貢皆済目録の3帳をいい,貢租納入事務上重要な帳簿であった。また地方役人は代官およびその下僚の農政に携わる役人,地方書は農政に関する書物の総称,地方三役は村方三役ともいい,名主(庄屋),組頭,百姓代をさすなど,地方と冠する語は農政の意である。…

【年貢皆済目録】より

…江戸時代,幕領の代官が支配村々の年貢皆済後,御殿勘定所皆済方へ提出する帳面で,年貢米金(べいきん)皆済目録ともいう。支配所の高を国・郡別や定免(じようめん)・検見(けみ)別とはせずに一括し,本途(ほんと)・見取(みとり)・高掛物(たかがかりもの)・小物成(こものなり)・口米永(くちまいえい)・諸運上分一(ぶいち)などに2升の延米(のべまい)を付し,米蔵(こめぐら)・金蔵(かねぐら)へ納めるべき米金を項目ごとに記し,石代納(こくだいのう)分は内訳して代金を記し,元払(もとばらい)勘定(収支決算)に合わせた帳面で,地方(じかた)三帳の一つ。置証文(年季証文),当証文(一年季証文と長年季証文の最後の証文)と皆済目録との照合の後,勘定奉行に皆済届を出す。…

【年貢割付状】より

…御成箇割付(おなりかわりつけ),可納割付(かのうわつぷ),免状,下札(さげふだ)ともいう。幕領代官所には年貢割付あるいは下帳・元帳という台帳が作成される例があり,成箇郷帳(なりかごうちよう)(取箇郷帳),年貢皆済目録(ねんぐかいさいもくろく)とともに地方(じかた)三帳と称し,農村支配のための基本的な年貢徴収の帳簿であった。毎年,秋の収穫前に検見(けみ)を行い,その結果にもとづいて作成される。…

※「地方三帳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

地方三帳の関連キーワード漆年貢五公五民年貢割付状草年貢染め年貢・染年貢年貢割付野年貢山年貢年貢米年貢割符

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone