コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幸田誠之 こうだ まさゆき

2件 の用語解説(幸田誠之の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

幸田誠之 こうだ-まさゆき

1720-1792 江戸時代中期の儒者。
享保(きょうほう)5年11月23日生まれ。幕臣。闇斎(あんさい)学派の三宅尚斎,稲葉迂斎(うさい)らにまなび,越後(えちご)(新潟県)新発田(しばた)藩主溝口直養(なおやす)と親交をもつ。69歳のとき江戸城内の富士見宝蔵番頭(ばんがしら)となった。寛政4年閏(うるう)2月9日死去。73歳。名はのち精義。通称は善太郎。号は子善。名は「のぶゆき」ともよむ。著作に「論語講義」。

幸田誠之 こうだ-のぶゆき

こうだ-まさゆき

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

幸田誠之の関連キーワードバロック音楽漫画石井庄助雲仙岳ブルボン朝ゴヤ(年譜)徴用された朝鮮人らの遺骨問題江戸木遣り唄伊孚九蝦夷志

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone