コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宅尚斎 みやけ しょうさい

7件 の用語解説(三宅尚斎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

三宅尚斎

江戸中期の儒者。播磨明石生。名は重固、雲八郎・儀左衛門・丹治と通称する。晩年の山崎闇斎に学ぶ。著書は『黙識録』『祭祀来格説』『為学要説』等多数。元文6年(1741)歿、80才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みやけ‐しょうさい〔‐シヤウサイ〕【三宅尚斎】

[1662~1741]江戸中期の儒学者。播磨(はりま)の人。名は重固。山崎闇斎に学び、佐藤直方浅見絅斎(あさみけいさい)と並んで崎門(きもん)三傑の一人と称された。のち、京都に私塾を開いて多くの門人を擁した。著「黙識録」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宅尚斎 みやけ-しょうさい

1662-1741 江戸時代前期-中期の儒者。
寛文2年1月4日生まれ。山崎闇斎(あんさい)門下。崎門三傑ひとり。武蔵(むさし)忍(おし)藩(埼玉県)につかえ,藩主阿部正喬(まさたか)をいさめたため2年間幽閉される。獄中の著に「狼疐録(ろうちろく)」。のち京都で塾をひらく。元文6年1月29日死去。80歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。名は重固。字(あざな)は実操。通称は儀左衛門,丹治。著作はほかに「黙識録」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みやけしょうさい【三宅尚斎】

1662‐1741(寛文2‐寛保1)
江戸中期の儒者。名は重固。播磨国明石の人。山崎闇斎の門人で,佐藤直方浅見絅斎(けいさい)とともに崎門三傑といわれた。武州忍(おし)藩主阿部家に仕官したが,直諫して藩主の怒にふれ幽囚された。後に京都で塾を開き,経書釈講にすぐれ,多数の門人を養成した。刊行された著書に《黙識録》(《日本倫理彙編》所収),《狼疐録(ろうちろく)》(《甘雨亭叢書》所収),《養子弁証附録》《同姓為後称呼説》(《日本儒林叢書》所収)等がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

みやけしょうさい【三宅尚斎】

1662~1741) 江戸中期の儒学者。播磨の人。名は重固。字あざなは丹治。山崎闇斎の崎門三傑の一人。忍藩阿部侯に仕えたが、諫言して、城内に幽閉された。のち許され、京都で私塾を開いた。著「黙識録」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三宅尚斎
みやけしょうさい

[生]寛文2(1662).1.4. 明石
[没]元文6(1741).1.29. 京都
江戸時代中期の朱子学派の儒学者。名は重固,字は実操,通称は儀左衛門,丹治。京都に出て医学を学んだが,19歳のとき山崎闇斎に入門し,佐藤直方,浅見絅斎とともに崎門三傑と称された。闇斎の死後江戸に出て,武蔵忍藩に仕えたが,直諫して藩主の怒りに触れ,3年間下獄。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三宅尚斎
みやけしょうさい
(1662―1741)

江戸中期の儒者。名は重固(しげもと)、字(あざな)は実操。播磨(はりま)国明石(あかし)(兵庫県明石市)の人。山崎闇斎(やまざきあんさい)の門にあって、佐藤直方(さとうなおかた)、浅見絅斎(あさみけいさい)とともに崎門(きもん)の三傑といわれた。武蔵(むさし)国忍(おし)の阿部家に仕官したが直言したために幽囚された。のち京都に塾を開き、経書講釈に優れ、久米訂斎(くめていさい)(1699―1784)、石王塞軒(いしおうさいけん)(1701―1780)、蟹養斎(かにようさい)(1705―1778)など多数の門人を擁し、一大学派を形成した。元文(げんぶん)6年1月29日没、80歳。京都新黒谷紫雲山(金戒光明寺)に葬られる。著述はすこぶる多く、『為学要説(いがくようせつ)』1巻、『祭祀来格(さいしらいかく)説』1巻、『黙識録』6巻(以上『日本倫理彙(い)編』所収)、『狼(ろうちろく)』3巻(『甘雨亭叢書(そうしょ)』所収)、『養子弁証附録』1巻(『日本儒林双書』所収)、『為後称呼説』1巻(『日本儒林双書』所収)などは刊本がある。[平 重道]
『池上幸二郎著『三宅尚斎先生事略』(『山崎闇斎と其(その)門流』所収・1943・明治書房) ▽平重道著『三宅尚斎の神道批判と鬼神来格思想』(『近世日本思想史研究』所収・1969・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone