コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幻惑迷彩 げんわくめいさい dazzle camouflage

1件 の用語解説(幻惑迷彩の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

幻惑迷彩

第1次世界大戦でドイツの潜水艦「Uボート」の攻撃を回避するため、英国海軍が開発した船体の塗装手法。英海軍に所属していた画家のノーマン・ウィルキンソンが1917年に考案したもので、Uボートによる攻撃に対し、迷彩による目の錯覚を利用して船の速度や方向を分かりにくくし、魚雷の照準を狂わせることを狙ったもの。この塗装手法は後に米海軍にも採用され、第2次大戦の途中まで使用された。白い船体に黒いストライプを施すなど、目の錯覚を起こすような、様々な幾何学模様を用いるのが代表的な図案である。目の錯覚を意図的に取り入れたデザイン現代美術に影響を与えたと言われている。2014年8月、英の港町リバプールで行われた芸術祭で幻惑迷彩が再現され、話題を呼んだ。

(2014-8-6)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

幻惑迷彩の関連キーワード伊・呂号潜水艦巡潜型潜水艦対潜哨戒機対潜潜水艦特殊潜航艇無制限潜水艦戦UボートロンメルUboatU・ボート

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone