幼児自閉症(読み)ようじじへいしょう(英語表記)early infantile autism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「幼児自閉症」の解説

幼児自閉症
ようじじへいしょう
early infantile autism

単に自閉症ともいう。正しくは早期幼児自閉症で,3歳以前に発病することが条件である。人間関係を結ぶことが困難で,自己にのみ関心が集中する。言語を用いようとせず,用いる場合も遅発性反響言語や人称代名詞反転に限られている。パターン化されたものの記憶は優れている。反復運動 (手をヒラヒラさせるなど) を頻発したり,自分を傷つける行為がみられることもある。知能の予後については良いとはいえない。男女比は4対1と男児に多い。 1943年,L.カナーによって初めて記載された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「幼児自閉症」の解説

ようじ‐じへいしょう〔エウジジヘイシヤウ〕【幼児自閉症】

自閉症1

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android