コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幾山検校 いくやまけんぎょう

2件 の用語解説(幾山検校の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

幾山検校 いくやまけんぎょう

1817/18-1890 幕末-明治時代の地歌・箏曲(そうきょく)家。
文化14/文政元年生まれ。江戸出身で京都で活躍。鶴岡検校の門下といわれ,弘化(こうか)元年検校となる。京風手事物(てごともの)の末期を代表する作曲家。明治15年京都盲唖院音楽科発足時の顧問。名は冨栄一。4年以降は幾山栄福。明治23年10月18日死去。73/74歳。作品に「萩(はぎ)の露」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

幾山検校
イクヤマケンギョウ


職業
地歌筝曲家

別名
都名=冨栄一,栄福

生年月日
文政1年

経歴
弘化1(1844)年検校登官。明治15年京都盲唖院音楽科発足時に顧問をつとめた。京風手事物作曲家として最後の検校といわれ、作品に「萩の露」「影法師」「川千鳥」などがある。

没年月日
明治23年 10月18日 (1890年)

出典|日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
(C) 2010 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の幾山検校の言及

【磯千鳥】より

…《源氏物語》の〈須磨〉から取材しているともいわれるが,確証はない。手事(てごと)のちらし部分に合わせるように,後に幾山検校が《萩の露》のちらしを作曲している。【久保田 敏子】。…

※「幾山検校」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

幾山検校の関連キーワード伊佐幸琢(5代)海之屋広志下田吉蔭薄庵光門武内半助武田行忠堆朱楊成(18代)鳥居清種(初代)峰島梅兄吉成就子

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone