広岡浪秀(読み)ひろおか なみひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広岡浪秀 ひろおか-なみひで

1841-1864 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)12年1月1日生まれ。長門(ながと)(山口県)大嶺(おおみね)八幡宮祠官の子。京都の長州屋敷に滞在,探索を任務とした。文久3年の八月十八日の政変後は広分彦也と名をかえて活動。元治(げんじ)元年6月5日京都三条の池田屋事件で殺された。24歳。名は正恭。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android