コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田屋事件 いけだやじけん

7件 の用語解説(池田屋事件の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

池田屋事件
いけだやじけん

元治1 (1864) 年6月5日,京都三条の旅館池田屋で新撰組が勤王派浪士を襲撃した事件。文久3 (63) 年8月 18日の政変で失脚した長州藩は,公武合体派の不和をみて,尊王攘夷派を中心として勢力挽回を策した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いけだや‐じけん【池田屋事件】

元治元年(1864)京都三条の旅館池田屋で謀議していた長州藩・土佐藩などの尊王攘夷(そんのうじょうい)派の志士を、新撰組が襲撃した事件。池田屋騒動

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

池田屋事件【いけだやじけん】

1864年旧6月5日京都三条の旅宿池田屋に集合した尊攘(そんじょう)派志士を新撰組数十名が襲撃,肥後(ひご)熊本藩士宮部鼎蔵(ていぞう),長州藩吉田稔麿(としまろ)ら9名が殺された事件。
→関連項目近藤勇

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

防府市歴史用語集の解説

池田屋事件

1864年(元治元年)6月、新撰組[しんせんぐみ]が京都の旅館池田屋[いけだや]に集まっていた長州藩の尊王攘夷派の志士たちを襲った事件です。この事件で多くの志士たちが死んだり、傷を負ったりしました。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いけだやじけん【池田屋事件】

1864年(元治1)6月,京都三条小橋の旅館池田屋でおこった新撰組による尊攘派襲撃事件。文久3年(1863)8月18日の政変後の京都は,公武合体派の勢力下におかれ尊攘派志士の活動は圧迫されていた。勢力挽回を意図した尊攘派は,熊本藩の宮部鼎蔵らが中心となり,中川宮(朝彦親王),一橋慶喜京都守護職松平容保の暗殺を企てた。志士たちは京都に潜入して画策するが,ひそかに武器を集めていた近江出身の古高俊太郎が新撰組に捕らえられるなど,きびしい情勢が切迫していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いけだやじけん【池田屋事件】

1864年六月新選組が尊攘派志士を京都三条小橋の旅宿池田屋に襲撃した事件。宮部鼎蔵ていぞう・吉田稔麿らが斬られた。池田屋騒動。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

池田屋事件
いけだやじけん

幕末における新選組の尊攘(そんじょう)派襲撃事件。1864年(元治1)6月5日、京都・三条河原町の旅館池田屋に集まった肥後の宮部鼎蔵(みやべていぞう)、長州の吉田稔麿(よしだとしまろ)、土佐の北添佶麿(きたぞえよしまろ)ら約30名の尊攘派志士を、近藤勇(こんどういさみ)以下約30名の新選組隊士が、京都守護職や所司代の応援を得て襲撃したもので、尊攘派志士に多くの被害を出した。宮部鼎蔵、吉田稔麿ら9名が斬死(ざんし)し、二十数名が捕らえられた。この事件は、前年来後退していた尊攘派志士たちが京都で挙兵を計画し勢力を盛り返そうとした事件であったが、かえって新選組の名を一躍高めた。この池田屋の会合は、同志古高俊太郎(こたかしゅんたろう)が捕らえられたことに対する善後策をたてるためであったが、木戸孝允(たかよし)(桂小五郎)が参加しながらも、集会に早すぎたということで対馬(つしま)藩邸に赴き難を免れたことは有名。[池田敬正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

池田屋事件の関連キーワード三条小鍛冶三条物東京都三鷹市牟礼京都府舞鶴市小橋池田屋惣兵衛小橋友之輔田中長九郎広岡浪秀藤崎八郎楊麗舎花夕

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

池田屋事件の関連情報