池田屋事件(読み)いけだやじけん

日本大百科全書(ニッポニカ)「池田屋事件」の解説

池田屋事件
いけだやじけん

幕末における新選組の尊攘(そんじょう)派襲撃事件。1864年(元治1)6月5日、京都・三条河原町の旅館池田屋に集まった肥後の宮部鼎蔵(みやべていぞう)、長州の吉田稔麿(よしだとしまろ)、土佐の北添佶麿(きたぞえよしまろ)ら約30名の尊攘派志士を、近藤勇(こんどういさみ)以下約30名の新選組隊士が、京都守護職や所司代の応援を得て襲撃したもので、尊攘派志士に多くの被害を出した。宮部鼎蔵、吉田稔麿ら9名が斬死(ざんし)し、二十数名が捕らえられた。この事件は、前年来後退していた尊攘派志士たちが京都で挙兵を計画し勢力を盛り返そうとした事件であったが、かえって新選組の名を一躍高めた。この池田屋の会合は、同志古高俊太郎(こたかしゅんたろう)が捕らえられたことに対する善後策をたてるためであったが、木戸孝允(たかよし)(桂小五郎)が参加しながらも、集会に早すぎたということで対馬(つしま)藩邸に赴き難を免れたことは有名。

[池田敬正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「池田屋事件」の解説

いけだや‐じけん【池田屋事件】

幕末、元治元年(一八六四)六月、京都三条の旅宿池田屋で謀議中の長州、土佐、肥後各藩の討幕派浪士を新撰組が襲撃した事件。「池田屋騒動」とも。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「池田屋事件」の解説

池田屋事件
いけだやじけん

元治1 (1864) 年6月5日,京都三条の旅館池田屋で新撰組が勤王浪士を襲撃した事件。文久3 (63) 年8月 18日の政変で失脚した長州藩は,公武合体派の不和をみて,尊王攘夷派を中心として勢力挽回を策した。京都に潜入した尊王攘夷派は,肥後藩士宮部鼎蔵を主謀とし,公武合体派の中川宮以下公卿,大名らを暗殺して市内に蜂起する計画を立てた。その謀議のため二十余人が池田屋に集会中,市中警備の新撰組に探知され,近藤勇以下五十余人に斬り込まれて宮部ほか8人が斬られ,4人が負傷,5人が捕えられた。長州桂小五郎 (→木戸孝允 ) は会合に遅れてを免れ,藩邸側の出動を制止した。この事件は長州藩を強く刺激し,翌月には大挙上京して禁門の変を起すにいたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「池田屋事件」の解説

池田屋事件【いけだやじけん】

1864年旧6月5日京都三条の旅宿池田屋に集合した尊攘(そんじょう)派志士を新撰組数十名が襲撃,肥後(ひご)熊本藩士宮部鼎蔵(ていぞう),長州藩吉田稔麿(としまろ)ら9名が殺された事件。文久の政変以来激しい弾圧に見舞われた尊攘激派が,公武合体派の首魁(しゅかい)中川宮(朝彦親王),一橋慶喜,京都守護職松平容保らの暗殺を計画したため起こされた。この事件に憤激した長州藩は,激派を中心に挙兵上京し,禁門の変をひきおこした。
→関連項目近藤勇

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

旺文社日本史事典 三訂版「池田屋事件」の解説

池田屋事件
いけだやじけん

1864年,幕府による尊攘派志士弾圧事件
八月十八日の政変(1863)後,尊攘派志士が入京して勢力回復の機をうかがい,中川宮(朝彦親王)らを暗殺しようと企てた。幕府側ではこれを探知し,京都三条小橋の旅館池田屋に会合中の長州藩などの志士20余名を新撰組が急襲,多数を殺傷・逮捕した。この事件により長州藩論は硬化し,禁門の変の原因となった。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

防府市歴史用語集「池田屋事件」の解説

池田屋事件

1864年(元治元年)6月、新撰組[しんせんぐみ]が京都の旅館池田屋[いけだや]に集まっていた長州藩の尊王攘夷派の志士たちを襲った事件です。この事件で多くの志士たちが死んだり、を負ったりしました。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

世界大百科事典 第2版「池田屋事件」の解説

いけだやじけん【池田屋事件】

1864年(元治1)6月,京都三条小橋の旅館池田屋でおこった新撰組による尊攘派襲撃事件。文久3年(1863)8月18日の政変後の京都は,公武合体派の勢力下におかれ尊攘派志士の活動は圧迫されていた。勢力挽回を意図した尊攘派は,熊本藩の宮部鼎蔵らが中心となり,中川宮(朝彦親王),一橋慶喜,京都守護職松平容保の暗殺を企てた。志士たちは京都に潜入して画策するが,ひそかに武器を集めていた近江出身の古高俊太郎が新撰組に捕らえられるなど,きびしい情勢が切迫していた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android