広島女子大学(読み)ヒロシマジョシダイガク

  • ひろしまじょしだいがく ‥ヂョシダイガク
  • ひろしまじょしだいがく〔ヂヨシダイガク〕

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

1965年(昭和40)設立の県立大学。現、県立広島大学。1920年(大正9)設置の県立広島高等女学校専攻科が前身。1928年(昭和3)創設の広島女子専門学校、1950年設置の広島女子短期大学を経て、1965年四年制大学の広島女子大学となる。家政学部、文学部の2学部により創設したが、1994年(平成6)国際文化学部(国際文化学科)、生活科学部(人間福祉学科)を設置。家政学、文学の2学部は1998年廃止された。2000年(平成12)に名称を「県立広島女子大学」に改称。大正デモクラシー時代以来の女子高等教育の伝統を踏まえ、学生の適性にあった高等教育を目的とした。県立広島女子大学は、広島県立大学、広島県立保健福祉大学との統合により、2004年県立広島大学となり、2005年度より学生の募集を停止した。

[喜多村和之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

広島市南区にあった公立の女子大学。大正九年(一九二〇)創設の県立広島高等女学校専攻科に始まる。昭和三年(一九二八)県立広島女子専門学校、同二五年広島女子短期大学、同四〇年大学となる。さらに、平成一二年(二〇〇〇)県立広島女子大学に改称、同一七年広島県立大学、広島県立保健福祉大学と統合、県立広島大学となる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android