広島風お好み焼き(読み)ひろしまふうおこのみやき

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

ひろしまふうおこのみやき【広島風お好み焼き】


広島郷土料理で、鉄板小麦粉で作った生地円形にのばし、その上にキャベツもやし豚肉焼きそば・卵などを重ねて焼いたもの。ソースなどをかけて食べる。関西風のお好み焼きは生地と具材を混ぜてから焼くが、広島風ではまず生地をのばし、を順にのせてへらで鉄板に押しつけながら焼く点に特徴がある。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

広島風お好み焼き

原爆投下で大きな被害を受けた市街地焼け跡で営業していた屋台で人気を集めた「一銭洋食」が発展して現在のスタイルになったと言われる。具と生地を混ぜてから焼く関西風と異なり、小麦粉を水で溶いて薄く焼き、大量のキャベツの千切りをのせる。さらにそばやうどん、肉などの具を重ねて、薄焼き卵で表面を覆って仕上げるのが一般的だ。広島県内には約2千のお好み焼き店がある。

(2008-11-02 朝日新聞 朝刊 週刊中国)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android