焼きそば(読み)やきそば

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中国料理の点心(てんしん)で軽食として用いる。日本でもとくに若い人々に広く愛好されている。中国風にいえば炒麺(チャオミエン)で、蒸した切麺(チエミエン)を一人分ずつざるに入れて熱湯中で軽くほぐし、水分を切って油を入れた鉄鍋(なべ)で麺に少し焦げ目がつくくらいに焼く。この際箸(はし)であまりかき回さないこと。これを温かい皿にとり、上に豚肉、タケノコ、シイタケ、エビ、サヤエンドウ、もやし、ネギなどでつくったしょうゆ味のとろみのついた炒菜(チャオツァイ)をかけ、金糸卵やグリーンピースで飾り、酢を添えて、熱いところを供する。麺を油で焼いたのち、熱湯をかけてから使うと柔らかで老人に好まれる。若い人向きには、生麺にあらかじめ油をまぶしておいてから油で焼くと、油で揚げたようにぱりっとして喜ばれる。[野村万千代]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

焼きそばの関連情報