コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広瀬式部太夫 ひろせ しきぶだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広瀬式部太夫 ひろせ-しきぶだゆう

?-? 江戸時代前期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
貞享(じょうきょう)-元禄(げんろく)(1684-1704)のころに江戸で流行した式部節の祖。初代土佐少掾(とさのしょうじょう)橘正勝の門下。一説に薩摩掾外記(さつまのじょう-げき)の門下ともいう。短編の作品,端物(はもの)を得意とした。曲風は外記節ににたもので,河東(かとう)節に影響をあたえたという。初名万太郎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

広瀬式部太夫の関連キーワード市村若太夫(2代)河東節浄瑠璃太夫貞享

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android