コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広瀬秋子 ひろせ あきこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広瀬秋子 ひろせ-あきこ

1784-1805 江戸時代後期の女性。
天明4年生まれ。広瀬淡窓の妹。重病にかかった兄を自分の命にかえてまもろうと祈願し,看病につとめる。のち後桜町上皇の女官兵衛佐局(ひょうえのすけのつぼね)につかえる。腸チフスにかかった局を看護し,同病にたおれて文化2年7月17日死去。22歳。豊後(ぶんご)(大分県)出身。幼名は安利子。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

広瀬秋子の関連キーワードゲーテティチング唐来参和メリーランド州会議事堂フランクリン邦アトウッド市民劇ツンベルクディドロエバンズ

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android