コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

序分 じょぶん

大辞林 第三版の解説

じょぶん【序分】

〘仏〙 経論の最初にあり、その経の説かれた由来などを述べている部分。 → 科文かもん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の序分の言及

【現世利益】より

…構造的には経典は3段階からなる。伝統的な区分に従うと,経の縁起を語り尊重の念を起こさせる〈序分(じよぶん)〉,説かんとする経の核心を述べる〈正宗分(しようじゆうぶん)〉,正宗分の教説を流布せしめるためにその功徳,諸天の加護を説くのが〈流通分(るづうぶん)〉である。現世利益は《法華経》《金光明経》《仁王経》《薬師経》などの大乗経典に強く説かれているが,この流通分においてである。…

※「序分」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

序分の関連キーワード序分・正宗分・流通分ヤマモモ科浄土教美術観経四帖疏大乗起信論仏地経論カゼクサツキイゲ法華文句科文経論

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

序分の関連情報