コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

底止 テイシ

デジタル大辞泉の解説

てい‐し【底止】

[名](スル)行きつくところまで行って止まること。
「甲論乙駁、きょう此頃に至るまでも、曽て―する所を知らず」〈逍遥小説神髄

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ていし【底止】

( 名 ) スル
至りとどまること。行きつく所まで行ってやむこと。 「上下紛擾ふんじよう其-するところを知らず/佳人之奇遇 散士

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

底止の関連キーワード丁・亭・低・体・停・偵・剃・呈・啼・堤・定・帝・底・庭・廷・弟・悌・抵・挺・提・梯・汀・涕・程・綴・締・艇・訂・諦・貞・蹄・逓・遞・邸・鄭・鼎甲論乙駁散士

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android