コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲論乙駁 コウロンオツバク

デジタル大辞泉の解説

こうろん‐おつばく〔カフロン‐〕【甲論乙×駁】

[名](スル)甲が論じるとがそれに反対するというように、たがいにあれこれと論じ合うばかりで、議論決着がつかないこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうろんおつばく【甲論乙駁】

( 名 ) スル
甲の人が論ずると、乙の人がそれに反対するというように、議論がいろいろあってまとまらないこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

甲論乙駁の関連キーワード赤穂事件底止

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甲論乙駁の関連情報