庚申を守る(読み)こうしんをまもる

精選版 日本国語大辞典「庚申を守る」の解説

こうしん【庚申】 を 守(まも)

(庚申の夜に眠ると、三尸(さんし)の虫が体内からぬけ出して天帝に罪を告げ口するという俗信から) 庚申の夜を眠らないで明かすこと。→庚申待
※和漢朗詠(1018頃)下「年長けては毎に労しく甲子を推す 夜寒くしては初めて共に庚申を守る〈許渾〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android