コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

許渾 きょこんXu Hun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

許渾
きょこん
Xu Hun

[生]貞元7(791)
[没]大中8(854)?
中国,晩唐の詩人。潤州丹陽 (江蘇省鎮江) の人。字,用晦 (ようかい) 。太和6 (832) 年進士に及第。病弱のため一時退官したが,のち潤州司馬,監察御史 (849) ,虞部員外郎,睦州 (浙江省) ,郢州 (湖北省) の刺史を歴任。晩年は潤州の丁卯澗 (ていぼうかん) の別荘に隠棲したので,詩集を『丁卯集』といい,詩風を「丁卯体」と呼ぶことがある。穏やかな詩境を巧みにまとめた詩が多い一面,慷慨悲歌の格調をもち,特に懐古の情を述べた律詩に佳編がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きょ‐こん【許渾】

中国、の政治家・詩人。丹陽(江蘇省)の人。字(あざな)は仲晦(ちゅうかい)・用晦(ようかい)。監察御史・虞部(ぐぶ)員外郎・刺史などを歴任。登楼懐古の作が多く、特に七言律詩にすぐれた。生没年未詳。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きょこん【許渾 Xǔ Hún】

791‐854?
中国,晩唐の詩人。字は仲晦(ちゆうかい)(一説に用晦)。太和6年(832)進士に及第。県令となったが,若いころの苦学がたたって病気になり,罷免された。のち潤州司馬に起用され,刺史を歴任した。晩年は郷里潤州(江蘇省)丹徒県の丁卯橋(ていぼうきよう)のほとりにあった別荘に隠居した。やや後輩の詩人韋荘は〈江南の才子許渾の詩,字字清新にして句句奇なり〉と評する。《丁卯集》2巻が伝わる。【荒井 健】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きょこん【許渾】

中国、唐の詩人。字あざなは仲晦、一説に用晦。849年監察御史、のち刺史。慷慨こうがいの情を懐古の詩に託した。詩集「丁卯ていぼう集」。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

許渾の関連キーワード山雨来たらんと欲して風楼に満つ山雨来らんと欲して風楼に満つ三体詩

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android