許渾(読み)きょこん(英語表記)Xu Hun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

許渾
きょこん
Xu Hun

[生]貞元7(791)
[没]大中8(854)?
中国,晩唐の詩人。潤州丹陽 (江蘇省鎮江) の人。字,用晦 (ようかい) 。太和6 (832) 年進士に及第。病弱のため一時退官したが,のち潤州司馬,監察御史 (849) ,虞部員外郎,睦州 (浙江省) ,郢州 (湖北省) の刺史を歴任。晩年は潤州の丁卯澗 (ていぼうかん) の別荘に隠棲したので,詩集を『丁卯集』といい,詩風を「丁卯体」と呼ぶことがある。穏やかな詩境を巧みにまとめた詩が多い一面,慷慨悲歌の格調をもち,特に懐古の情を述べた律詩に佳編がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょこん【許渾 Xǔ Hún】

791‐854?
中国,晩唐の詩人。字は仲晦(ちゆうかい)(一説に用晦)。太和6年(832)進士に及第。県令となったが,若いころの苦学がたたって病気になり,罷免された。のち潤州司馬に起用され,刺史を歴任した。晩年は郷里潤州(江蘇省)丹徒県の丁卯橋(ていぼうきよう)のほとりにあった別荘に隠居した。やや後輩の詩人韋荘は〈江南の才子許渾の詩,字字清新にして句句奇なり〉と評する。《丁卯集》2巻が伝わる。【荒井 健】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きょこん【許渾】

中国、唐の詩人。字あざなは仲晦、一説に用晦。849年監察御史、のち刺史。慷慨こうがいの情を懐古の詩に託した。詩集「丁卯ていぼう集」。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょ‐こん【許渾】

中国、唐代の詩人。字(あざな)は仲晦、用晦。宣宗のとき監察御史となり、虞部員外郎、睦・郢二州の刺史を歴任。慷慨(こうがい)悲歌の熱情を懐古の詩に託した。著「丁卯(ていぼう)集」。生没年不詳。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

肺ペスト

ネズミなどのげっ歯類他が媒介するペスト菌が、肺に感染して起こる疾病。ペスト患者のうち「腺ペスト」が80~90%、「敗血症型ペスト」が約10%を占め、肺ペストは非常に稀にしか起こらない。ペスト患者の体内...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android