コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

許渾 きょこん Xu Hun

4件 の用語解説(許渾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

許渾
きょこん
Xu Hun

[生]貞元7(791)
[没]大中8(854)?
中国,晩唐の詩人。潤州丹陽 (江蘇省鎮江) の人。字,用晦 (ようかい) 。太和6 (832) 年進士に及第。病弱のため一時退官したが,のち潤州司馬,監察御史 (849) ,虞部員外郎,睦州 (浙江省) ,郢州 (湖北省) の刺史を歴任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きょ‐こん【許渾】

中国、の政治家・詩人。丹陽(江蘇省)の人。字(あざな)は仲晦(ちゅうかい)・用晦(ようかい)。監察御史・虞部(ぐぶ)員外郎・刺史などを歴任。登楼懐古の作が多く、特に七言律詩にすぐれた。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きょこん【許渾 Xǔ Hún】

791‐854?
中国,晩唐の詩人。字は仲晦(ちゆうかい)(一説に用晦)。太和6年(832)進士に及第。県令となったが,若いころの苦学がたたって病気になり,罷免された。のち潤州司馬に起用され,刺史を歴任した。晩年は郷里潤州(江蘇省)丹徒県の丁卯橋(ていぼうきよう)のほとりにあった別荘に隠居した。やや後輩の詩人韋荘は〈江南の才子許渾の詩,字字清新にして句句奇なり〉と評する。《丁卯集》2巻が伝わる。【荒井 健】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きょこん【許渾】

中国、唐の詩人。字あざなは仲晦、一説に用晦。849年監察御史、のち刺史。慷慨こうがいの情を懐古の詩に託した。詩集「丁卯ていぼう集」。生没年未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

許渾の関連キーワード韋荘王翰王通高適司空図陳子昂鮑照韓偓晩唐一致融解

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone