コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

座敷浄瑠璃 ザシキジョウルリ

デジタル大辞泉の解説

ざしき‐じょうるり〔‐ジヤウルリ〕【座敷浄瑠璃】

宴席などで興を添えるために語る素浄瑠璃

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ざしきじょうるり【座敷浄瑠璃】

宴席などに招かれて座興に語る浄瑠璃。本来は高座こうざにも座らず、肩衣かたぎぬもつけず、見台けんだいも用いなかったが、今は素浄瑠璃をいい、肩衣をつけ、見台を置いて語る場合が多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の座敷浄瑠璃の言及

【浄瑠璃】より

…土佐節は複雑な曲調で〈江戸〉として義太夫節にも採られ,近松にも影響したらしい。この門人広瀬式部の式部節は貞享・元禄(1684‐1704)ころ江戸に流行したが,式部は市村座に出演して歌舞伎浄瑠璃化し,また酒宴の席などのくだけた浄瑠璃を語って座敷浄瑠璃化した。浄雲の弟子の虎屋源太夫の門からは虎屋永閑(永閑節)が出て,元禄ころまで金平風を語った。…

※「座敷浄瑠璃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

座敷浄瑠璃の関連キーワード鶴賀若狭掾(1世)鶴賀若狭掾(初代)江戸半太夫(3代)江戸半太夫(初代)江戸半太夫(2代)都一中(初代)都千中(初代)寄せ場・寄場鶴賀若狭掾半太夫節繁太夫節虎屋永閑浪花節三味線清元節浄瑠璃新内節座興宴席荒鼠

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android