コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

素浄瑠璃 すじょうるり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

素浄瑠璃
すじょうるり

太夫と三味線のみで,演技者・人形を伴わない浄瑠璃の演奏形式。義太夫節では元来,三味線なしに語ることを素語り浄瑠璃と呼んだが,元禄年間 (1688~1704) 頃から今日のような形式をいうようになり,しろうと浄瑠璃や女義太夫も含め広く行われた。演奏だけで戯曲のすべてを表現しなければならず,また聴衆の視線が集中するため,演者にとっては修業になる。第2次世界大戦以前は素浄瑠璃のみでの巡業も盛んに行われた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

す‐じょうるり〔‐ジヤウルリ〕【素浄瑠璃】

人形や俳優を伴わないで、浄瑠璃だけを語って聞かせること。また、その浄瑠璃。素語り。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すじょうるり【素浄瑠璃】

人形や役者に合わせないで、浄瑠璃だけを語って聞かせること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の素浄瑠璃の言及

【素】より

…日本の音楽や舞踊で用いることば。〈素〉の意味はもともと,飾り気がなく,それ自身ということで,音楽の面では〈素唄(すうた)〉〈素謡(すうたい)〉〈素浄瑠璃〉〈素語り〉〈素で演奏する〉などと用いられる。長唄に関していえば,芝居から離れた純演奏会様式のものを〈素唄〉といい,また囃子なしで,三味線の伴奏だけで奏することを〈素〉ともいう。…

※「素浄瑠璃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

素浄瑠璃の関連キーワード清元 延寿太夫(5代目)常磐津 駒太夫(5代目)竹本 朝太夫座敷浄瑠璃隅田川物鶴沢清治紙治物椀久物梅の春役者

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

素浄瑠璃の関連情報