大入(読み)おおいり

  • おおいり おほ‥
  • おおいれ おほ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 興行場などで入場者がたくさんはいること。
※雑俳・たからの市(1705)「大入の芝居へ人を植にくる」
※団団珍聞‐五五七号(1886)「何処(どこ)の旅籠屋(はたごや)も大入(オホイリ)大繁昌」
〘名〙
① 大坂で、大晦日(おおみそか)に歌舞伎芝居の徒が、景気を祝うために、しでを振りながら市内各所を踊りあるく行事。〔大坂繁花風土記(1814)〕
② 歌舞伎で、初日の前日の総稽古を無料で見せること。旅興行では、この日に「翁渡し」を演じ、一日の狂言の一部を見せた。〔戯場楽屋図会(1800)〕
③ 一方の材の、端部の全断面を他の材に差し込む仕口(しぐち)。差し込む材の端部が斜めに切り落としてあるものを傾(かた)ぎ大入れ、大入れの先端がさらに枘差(ほぞざし)になっているものを大入れ枘差しという。追入(おいれ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大入の関連情報