コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

座敷飾り ざしきかざり

1件 の用語解説(座敷飾りの意味・用語解説を検索)

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ざしきかざり【座敷飾り】

書院造りの主室に作り付けられた床の間違い棚付け書院帳台構えなどの総称。また、そこに飾られた物。掛け軸・燭台(しょくだい)・香炉・花瓶などがその要素になり、付け書院には硯(すずり)・筆・文鎮など、違い棚には茶わんや茶入れなどを置くことが多い。現存する最古例は京都の慈照寺(銀閣)東求堂の同仁斎(どうじんさい)。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

座敷飾りの関連キーワード押板奥書院表書院鞘の間地袋主殿造り帳台構え作り付け・造り付け局棚床脇

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

座敷飾りの関連情報