コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慈照寺 じしょうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

慈照寺
じしょうじ

京都府京都市左京区にある相国寺派(→相国寺)の寺。通称は銀閣寺足利義政が文明14(1482)年から数年にわたって建設した別荘東山殿(ひがしやまどの)を,義政の死後遺命により寺に改め,慈照寺と号した。現存する当時の遺構は銀閣と呼ばれる楼閣建築と東求堂のみで,ともに国宝。銀閣は延徳1(1489)年に完成。西芳寺の舎利殿を模したといわれ,当初観音殿と呼ばれていた。に面した 2層の構造で,屋上に鳳凰を戴く。1階は書院造風,2階は禅宗仏殿風の様式。鹿苑寺の金閣にならって銀箔を押す計画であったが,義政の死により実現されなかった。東求堂は義政の書斎兼持仏堂として建造された。また庭園は広くないが山腹に石と水を配してのちの茶庭にも通じる境地を開いている。有名な銀閣前の白砂による銀沙灘(ぎんしゃだん)と向月台の構成は江戸時代の改修によるもの。(→東山文化

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じしょう‐じ〔ジセウ‐〕【慈照寺】

銀閣寺の正称。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

慈照寺【じしょうじ】

京都市左京区銀閣寺町にある臨済宗相国寺派の寺。銀閣寺と通称。15世紀末に足利義政の建てた山荘東山殿を,その没後遺命により禅寺としたもの。銀閣(観音殿,国宝)は金閣になぞらえて建てたもので,2層からなり,初層の心空殿(しんくうでん)は住宅様式,2層の潮音閣(ちょうおんかく)は禅宗様式になっている。
→関連項目京都[市]古都京都の文化財(京都市,宇治市,大津市)左京[区]善阿弥東山山荘東山文化

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

慈照(じしょう)寺

京都府京都市左京区にある寺院、銀閣寺の正式名。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じしょうじ【慈照寺】

京都市左京区にある臨済宗相国寺派の寺。通称銀閣寺,正式には東山慈照禅寺。1490年(延徳2),足利義政の菩提を弔うため,如意嶽のふもとに義政が営んだ東山殿(ひがしやまどの)(東山山荘)を禅寺に改めて開創された。世にいう東山文化を象徴する寺である。義政の東山山荘は天台の古刹浄土寺の旧地に当たり,義政がこの佳境を愛して山荘造営を開始したのは,応仁の乱後の1482年(文明14)のことであった。翌83年,まず常御所(つねのごしよ)が完成し,義政はこの山荘に移った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じしょうじ【慈照寺】

銀閣寺ぎんかくじの正称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

慈照寺
じしょうじ

京都市左京区銀閣寺町にある臨済(りんざい)宗相国寺(しょうこくじ)派の寺。山号は東山(とうざん)。通称の銀閣寺で名高い。本尊釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)。1465年(寛正6)足利(あしかが)8代将軍義政(よしまさ)は、天台宗浄土寺の旧跡に山荘の造営を始め、1483年(文明15)常御所(つねのごしょ)落成後に移り住み、これを東山殿(ひがしやまどの)と称した。1490年(延徳2)義政死去して、その遺命により禅寺に改め、相国寺の室処和尚を住持に迎え、夢窓疎石(むそうそせき)を勧請(かんじょう)開山とした。慈照寺の名は義政の法諱(ほうき)をとったもの。ついで10代将軍義稙(よしたね)の弟維明(これあき)が住持となってからは、五摂家より出て住持となる者が多かった。園中の楼閣(観音殿(かんのんでん))は世に銀閣とよばれ、北山鹿苑寺(ろくおんじ)の金閣と並び称されている。ただし楼閣の落成は1490年、義政没後であった。盛時には殿閣、亭楼10余を数えたが、現在は東求堂(とうぐどう)、銀閣(以上は国宝)、本堂、弄清(ろうせい)亭などがあるにすぎない。金閣寺に比べると規模は小さいが、幽雅清淡を尊ぶ茶道精神にのっとる東山文化の代表作として知られる。銀閣は重層宝形造(ほうぎょうづくり)で、住宅風の下層を心空殿(しんくうでん)、仏殿風の上層を潮音閣(ちょうおんかく)と号し、本尊の観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)を安置している。東求堂は義政の持仏(じぶつ)堂で、東の間の同仁斎(どうじんさい)は日本最初の四畳半茶室として著名である。相阿弥(そうあみ)(一説に善阿弥(ぜんあみ))作と伝えられる庭園は西芳(さいほう)寺の庭園を模したもので、池を錦鏡(きんきょう)池、中央の砂盛りを銀沙灘(ぎんしゃだん)、富士形の砂盛りを向月台といい、一樹一石にすべて名がある。特別史跡・特別名勝。1994年(平成6)、世界遺産の文化遺産として登録された(世界文化遺産。京都の文化財は清水寺など17社寺・城が一括登録されている)。[平井俊榮]
『『古寺巡礼 京都20 金閣寺・銀閣寺』(1977・淡交社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の慈照寺の言及

【書院造】より

…足利義政が応仁の乱後に経営した東山殿の常御殿や会所の屋内諸座敷の構成は,これらの一連の住宅形式の新傾向を採用したものであった。慈照寺(銀閣寺)の東求堂は東山殿の遺構の一つであり,その屋内北東隅にある書院の同仁斎は四畳半の畳を敷きつめた小室で,北面に一間の付書院と間半の違棚をつくりつけていて,室内外の形式と意匠に書院造の諸特徴をそなえ,書院造最古の遺構とされる。 近世初頭の慶長・元和年間(1596‐1624)には武家大名の邸宅が各地で造立された。…

※「慈照寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

慈照寺の関連キーワード慈照寺〈銀閣寺〉旧境内慈照寺〈銀閣寺〉庭園京都府京都市左京区古都京都の文化財銀閣寺旧境内銀閣寺庭園大森 禅戒左京[区]室町幕府近衛前久北山文化室町時代奥田元宋室内装飾大文字山今出川通座敷飾り天桂禅長真翁宗見同仁斎

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

慈照寺の関連情報