コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

違い棚 ちがいだな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

違い棚
ちがいだな

書院,床の間とともに書院造の客室設備の一つ。元来,この違い棚は,座右に置く移動ができる書棚であったが,室町時代末期になって床の間と左右して客室につくりつけられ,室内装飾の場となったもので,棚は霞棚で段々になり,上段より順に,盃,肩衝,香炉などが飾られた。なお,違い棚の上には袋戸,また最下段の棚の下には地袋戸が設けられ,さらに,その初めの頃のものにおいては,床の間と同じく床に板が置かれ,そこに食籠などが配されていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちがい‐だな〔ちがひ‐〕【違い棚】

床の間の脇にある棚で、2枚の棚板を左右に食い違いに取り付けたもの。上下の棚板の間に海老束(えびづか)を入れ、上の棚板の端に筆返しをつける。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちがいだな【違い棚】

隣り合う棚板を段違いに取り付けた棚。普通、床の間の脇に設けられる。ちがえだな。 → 床脇とこわき

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ちがいだな【違い棚】

書院造り座敷飾りの一つ。床の間や書院の脇(わき)の柱間(はしらま)などに作り付けられた棚。2枚の棚板を段違いに取り付けたもの。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

違い棚
ちがいだな

二枚の棚板を左右から食い違いに吊(つ)った棚で、工芸品などを飾るもの。上下の棚板の間にある束(つか)を海老束(えびづか)また雛(ひな)束という。床の間、書院のわきに設けられる。普通、一間(約1.82メートル)か半間の間口で、上方に天袋(てんぶくろ)、下方に地袋(じぶくろ)が設けられる。この設備全体も違い棚とよばれる。床の間、書院とともに和風室内装飾の重要なもので、室町時代に始まった。元来は置き棚であったが、やがて作り付けとなったもので、江戸時代には書院造住宅のなかで大いに発展した。[小泉和子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

違い棚の関連キーワード落とし棚・落し棚城楼棚・西楼棚仕切り違い棚海老束・蝦束重ね違い棚通し違い棚通り違い棚食籠・食篭四十八棚一文字棚小泉和子帳台構え砂の物雁木棚障壁画城楼棚通り棚同仁斎落し棚違え棚

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android