コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帳台構え チョウダイガマエ

デジタル大辞泉の解説

ちょうだい‐がまえ〔チヤウダイがまへ〕【帳台構え】

書院造りの上段の間(ま)の側面などに設けた部屋飾りの一。畳より一段高く框(かまち)を置き、鴨居(かもい)を長押(なげし)より低く取り付け、引き分け戸または引き戸ふすまを設けたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうだいがまえ【帳台構え】

書院造りで、座敷の床の間や違い棚に向かって、付書院の反対側に設けられる装飾装置。鴨居かもいを低く、敷居を高くし、丈の低い華麗な襖ふすまをたてる。帳台(寝室)の入り口の形式が装飾化したもの。納戸構え。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ちょうだいがまえ【帳台構え】

書院造り座敷飾りの一つで、鴨居を低く、敷居を高くして丈の低い豪華な襖(ふすま)を立てたもの。典型的なものでは、正面奥に床の間違い棚を作り、縁のある側(床の間に向かって左側であることが多い)に付け書院を、その反対側にこれを設ける。◇「帳台」と呼ばれた寝室の入り口を装飾化したものと考えられている。「納戸構え」ともいう。

出典|講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

帳台構えの関連キーワード武者隠し書院造付書院寝間

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android