コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帳台構え チョウダイガマエ

3件 の用語解説(帳台構えの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちょうだい‐がまえ〔チヤウダイがまへ〕【帳台構え】

書院造りの上段の間(ま)の側面などに設けた部屋飾りの一。畳より一段高く框(かまち)を置き、鴨居(かもい)を長押(なげし)より低く取り付け、引き分け戸または引き戸のふすまを設けたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちょうだいがまえ【帳台構え】

書院造りで、座敷の床の間や違い棚に向かって、付書院の反対側に設けられる装飾装置。鴨居かもいを低く、敷居を高くし、丈の低い華麗な襖ふすまをたてる。帳台(寝室)の入り口の形式が装飾化したもの。納戸構え。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ちょうだいがまえ【帳台構え】

書院造り座敷飾りの一つで、鴨居を低く、敷居を高くして丈の低い豪華な襖(ふすま)を立てたもの。典型的なものでは、正面奥に床の間違い棚を作り、縁のある側(床の間に向かって左側であることが多い)に付け書院を、その反対側にこれを設ける。◇「帳台」と呼ばれた寝室の入り口を装飾化したものと考えられている。「納戸構え」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

帳台構えの関連キーワード書院造奥書院表書院地袋主殿造り床脇広間座敷飾り付け書院違棚

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone