コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書院造り しょいんづくり

大辞林 第三版の解説

しょいんづくり【書院造り】

近世に行われた、書院と呼ばれる建物を中心とする住宅の様式。寝殿造りを母体とし主殿造りを経て発達してきたもので、現代和風建築の基本となる。玄関・台所などを別棟として建て、個々の建物は単一の機能をもち、二、三室から成る一列型の平面を示す。主となる座敷は、多くは上段の間とし、床とこ・違い棚・付け書院などを備える。また、外側には雨戸をたてる。明暦(1655~1658)の大火以後に広く普及した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

リフォーム用語集の解説

書院造り

一般的には、床の間などのある座敷を指すことがあるが、厳密には、武家住宅の建物全体の様式のことでを指す。しかし、建築様式としての定義は定まっていない。有力な解釈として、建物の内部を引き戸建具や壁で幾つかに仕切り、天井を張り、床の間(または押板)、違い棚付書院などの座敷飾り客間に備え、敷地を含み客を迎え入れるところと、主人とその家族が普段の生活をするところに分けられているもの、構造としては、角柱に貫や桁、長押などの角材を用いた軸組構造のもの、というものがある。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

しょいんづくり【書院造り】

室町時代中期に始まり桃山時代に完成した、武家住宅の様式。床の間などの座敷飾りと呼ばれる装飾形式が生まれ、現代の和室の原形となった。1棟の建物を複数の部屋に区切って使うようになり、襖(ふすま)・障子雨戸など、さまざまな建具が発展した。天井を設け、部屋の床面には畳が敷きつめられた。京都の二条城二の丸御殿、西本願寺白書院が典型例。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

書院造りの関連キーワード籠彫り・籠彫・篭彫り・篭彫付け書院・付書院城楼棚・西楼棚醍醐寺三宝院書院毛抜き主殿造り上段の間藤原義一寝殿造り下段の間武者隠し東山文化腰高障子実検の間帳台構え三宝院格天井東求堂同仁斎書院紙

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

書院造りの関連情報