座談(読み)ざだん

精選版 日本国語大辞典「座談」の解説

ざ‐だん【座談】

〘名〙
① 数人の人が、すわったままで形式ばらずに話し合うこと。また、その談話。
※談義本・教訓乗合船(1771)五「されども是は理合ばかりの(サタン)なれば」 〔陳師道‐送晃无咎出守蒲中詩〕
② その場での談話。その場かぎりの話。
※不安(1900)〈幸田露伴〉下「勿論酔余の座談ではあったが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「座談」の解説

ざ‐だん【座談】

すわって気楽に話し合うこと。「座談に興じる」
その場だけの話。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android