コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庭先相場 にわさきそうば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

庭先相場
にわさきそうば

農産物の相場の一つ。農家庭先農産物仲買人など流通業者に販売して現実に金を受取るときの価格。工業製品の場合に使われる「工場出し値」と類似した相場概念。流通業者 (卸業者) 同士で取引する場合の仲間相場や,市場での相場などは庭先相場に輸送費や流通マージンなどが加算されたもの。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

にわさき‐そうば〔にはさきサウば〕【庭先相場】

農産物の生産地相場。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にわさきそうば【庭先相場】

農家の庭先で決まる農産物の相場。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android