コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

康僧会 こうそうえKang-seng-hui

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

康僧会
こうそうえ
Kang-seng-hui

[生]?
[没]天紀4(280)
中央アジアの康居 (こうきょ) 国の僧。祖先は代々インドにいたが父の代にインドシナに移住したといわれ,幼少時に両親をなくして出家した。深く経,律,論の三蔵に通じ,赤烏 10 (247) 年に呉の都建業に入って,国王孫権の帰依を受けて,建初寺を建立した。ここで仏教を広め経典翻訳を行なった。これが南中国に仏教の伝えられた最初といわれる。中国に,インド風旋律で経典読誦を行なう梵唄を伝えたともいわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

康僧会の関連キーワード魚山声明

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android