コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

康僧会 こうそうえKang-seng-hui

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

康僧会
こうそうえ
Kang-seng-hui

[生]?
[没]天紀4(280)
中央アジアの康居 (こうきょ) 国の僧。祖先は代々インドにいたが父の代にインドシナに移住したといわれ,幼少時に両親をなくして出家した。深く経,律,論の三蔵に通じ,赤烏 10 (247) 年に呉の都建業に入って,国王孫権の帰依を受けて,建初寺を建立した。ここで仏教を広め経典翻訳を行なった。これが南中国に仏教の伝えられた最初といわれる。中国に,インド風旋律で経典読誦を行なう梵唄を伝えたともいわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

康僧会の関連キーワード魚山声明

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android