コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

康兆 こうちょうKang Cho

世界大百科事典 第2版の解説

こうちょう【康兆 Kang Cho】

?‐1010
朝鮮,高麗の政治家。1009年(穆宗12),穆宗(ぼくそう)の母である千秋太后と通じた金致陽が王位を奪おうとすると,西北面都巡検使康兆は5000の兵を率いて上京し,穆宗を廃して金致陽父子を殺害した。代わって擁立されたのが顕宗であり,穆宗も忠州に移される途中で殺害された。翌年,契丹がこのいわゆる〈康兆の変〉を口実にして高麗を侵略すると,康兆は30万の兵を率いて迎え撃ったが,ついに捕らえられて殺害された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

康兆の関連キーワードナタリー コーグリンマイケル フェルプスコンピュータにおける数値の表現マイケル フェルプス期待値ラノミ クロモビジョヨネーサン エードリアンリスベス トリケットダラ トーレスジェイソン レザック

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android