コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廓寥 カクリョウ

デジタル大辞泉の解説

かく‐りょう〔クワクレウ〕【××寥】

[ト・タル][文][形動タリ]ひろびろとして寂しいさま。また、もの寂しいさま。
「―とした深夜の気配が」〈梶井・冬の蠅〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かくりょう【廓寥】

( トタル ) [文] 形動タリ 
広々としてからっぽなさま。また、もの寂しいさま。 「 -として底に無限の淋しみを蔵する中世の調子/囚はれたる文芸 抱月

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

廓寥の関連キーワードトタル