廓清(読み)カクセイ

デジタル大辞泉「廓清」の解説

かく‐せい〔クワク‐〕【×廓清】

[名](スル)
悪いものをすっかり取り除くこと。
「宗教―の一新時代はそこから開けて来た」〈藤村夜明け前
(「郭清」と書く)がんの手術で、転移が起こる可能性が高い領域に含まれるリンパ節を、周囲の組織ごとひとまとめにして切除すること。
「リンパ節郭清

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「廓清」の解説

かく‐せい クヮク‥【廓清】

〘名〙
① 悪いものを取り払って清めること。粛清。
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「胃内清の功を奏したる後又食卓に就き」 〔李漢‐唐吏部侍郎昌黎先生文集序〕
② 反乱を鎮め平らげること。〔陸贄‐李晟兼副元帥制〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「廓清」の解説

【廓清】かく(くわく)せい

の乱れを清め治める。〔漢紀、高帝紀四〕亂を征し暴を伐ち、宇を廓す。

字通「廓」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android