コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廓清 カクセイ

デジタル大辞泉の解説

かく‐せい〔クワク‐〕【×廓清】

[名](スル)
悪いものをすっかり取り除くこと。
「宗教―の一新時代はそこから開けて来た」〈藤村夜明け前
(「郭清」と書く)癌(がん)の手術で、転移が起こる可能性が高い領域に含まれるリンパ節を、周囲の組織ごとひとまとめにして切除すること。
「リンパ節郭清

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

廓清の関連キーワードマリア・ルーズ号事件ページェット病シーメンス事件久布白 落実リンパ節郭清山室 軍平肺切除療法悪性黒色腫膀胱腫瘍睾丸腫瘍島田三郎廃娼運動廓清会口腔癌皮膚癌

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

廓清の関連情報