コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廓清 カクセイ

デジタル大辞泉の解説

かく‐せい〔クワク‐〕【×廓清】

[名](スル)
悪いものをすっかり取り除くこと。
「宗教―の一新時代はそこから開けて来た」〈藤村夜明け前
(「郭清」と書く)癌(がん)の手術で、転移が起こる可能性が高い領域に含まれるリンパ節を、周囲の組織ごとひとまとめにして切除すること。
「リンパ節郭清

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

廓清の関連キーワードマリア・ルーズ号事件ページェット病シーメンス事件久布白 落実リンパ節郭清山室 軍平肺切除療法悪性黒色腫膀胱腫瘍睾丸腫瘍島田三郎廃娼運動廓清会口腔癌皮膚癌

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android