コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延円 えんえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

延円 えんえん

?-1040 平安時代中期の絵仏師。
藤原義懐(よしちか)の子。法成寺薬師堂の柱絵,高陽院(かやのいん)の屏風(びょうぶ)絵などをえがく。また造園にもすぐれた。現存する作品はないが,醍醐(だいご)寺の「不動明王図巻」の中に延円のかいた2童子像の写しがのこる。長久元年死去。通称は飯室阿闍梨(あじゃり),絵阿闍梨。名は縁円ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

延円の関連キーワード藤原義懐

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android