コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延円 えんえん

1件 の用語解説(延円の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

延円 えんえん

?-1040 平安時代中期の絵仏師。
藤原義懐(よしちか)の子。法成寺薬師堂の柱絵,高陽院(かやのいん)の屏風(びょうぶ)絵などをえがく。また造園にもすぐれた。現存する作品はないが,醍醐(だいご)寺の「不動明王図巻」の中に延円のかいた2童子像の写しがのこる。長久元年死去。通称は飯室阿闍梨(あじゃり),絵阿闍梨。名は縁円ともかく。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

延円の関連キーワード荘園整理令長久MMRワクチン足利市消防職員文書偽造事件赤染衛門タヒチ島長久長暦質侶牧

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone