コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延庭 えんてい

1件 の用語解説(延庭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

延庭 えんてい

?-? 平安時代前期の僧。
天台宗。山城(京都府)常住寺の十禅師。伝灯法師位。貞観(じょうがん)2年(860)山城葛野(かどの)郡に興隆寺を建立し,国家のために経典の講説・転読をおこなう。寺は7年御願寺(ごがんじ)となり,律・真言両宗の修行がゆるされた。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

延庭の関連情報