コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延義 えんぎ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

延義 えんぎ

?-? 平安時代前期の僧。
大和(奈良県)薬師寺で三論をひろめる。学僧として知られ,昌泰(しょうたい)(898-901)のころ七大寺の僧があつまった東大寺天地院の講義では,だれも異義をとなえなかった。そうしたなかで老翁が突然あらわれ,三つの質問をした。それに全部こたえると,自分は文殊(もんじゅ)だといってきえたという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

延義の関連キーワード内田 るり子国体の本義志田 延義田植草紙梁塵秘抄斎藤彦内閑吟集神道小歌歌謡済源

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android