コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延義 えんぎ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

延義 えんぎ

?-? 平安時代前期の僧。
大和(奈良県)薬師寺で三論をひろめる。学僧として知られ,昌泰(しょうたい)(898-901)のころ七大寺の僧があつまった東大寺天地院の講義では,だれも異義をとなえなかった。そうしたなかで老翁が突然あらわれ,三つの質問をした。それに全部こたえると,自分は文殊(もんじゅ)だといってきえたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

延義の関連キーワード内田 るり子志田 延義国体の本義田植草紙梁塵秘抄斎藤彦内閑吟集小歌歌謡神道済源

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

延義の関連情報