コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薬師寺 やくしじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薬師寺
やくしじ

(1) 奈良市西ノ京にある法相宗大本山南都七大寺の一つ。天武9 (680) 年,天武天皇皇后の病気平癒を祈念して創建。養老2 (718) 年,平城京造営に伴い現在地に移転。火災などによってその全容は失われたが,奈良時代初期の三重塔 (東塔国宝) をはじめ,『薬師三尊像』『聖観音像』など白鳳・天平時代の国宝指定の仏像を蔵する。 1976年4月,100万巻写経運動などの勧進により,長く仮堂であった金堂が創建当初の様式で再建され,1980年には西塔も再建をみている。 (2) 栃木県下野市にあった寺。寺跡は国指定史跡 (→下野薬師寺跡 ) 。天武天皇の創建という。戒壇が設けられ,東国における僧尼受戒所となり,日本三戒壇の一つとして重んじられた。のちに衰微し,足利尊氏が全国に安国寺を創建した際,当寺の跡に下野の安国寺を建てたと伝えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

薬師寺

奈良市にある法相宗の大本山。天武天皇が680年、皇后(後の持統天皇)の病気が治るよう祈って建立を発願した。8世紀前半に建てられた東塔は国宝で、2019年まで解体修理中。西塔は1528年の兵火で焼失したが、1981年に再建された。98年、「古都奈良の文化財」としてユネスコ世界文化遺産に登録。

(2015-05-18 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

やくし‐じ【薬師寺】

奈良市にある法相(ほっそう)宗の大本山。南都七大寺の一。天武天皇が皇后の病気平癒を祈願し、天皇没後の文武天皇2年(698)藤原京に完成。平城遷都に伴い、現在の地に移転。たびたび火災などで諸堂を失ったが、昭和51年(1976)に金堂、昭和55年(1980)に西塔が再建された。東塔は創建当時の遺構、東院堂は鎌倉時代の再建で、それぞれ国宝。また、薬師三尊像・聖観音菩薩立像・吉祥天画像・仏足石および仏足石歌碑(いずれも国宝)などを蔵する。平成10年(1998)「古都奈良の文化財」の一つとして世界遺産(文化遺産)に登録された。
栃木県下野市にあった寺。天智天皇の時の創建と伝える。天平宝字5年(761)勅命によって戒壇を設け、日本三戒壇の一となった。のち、荒廃したあとに足利尊氏安国寺を建立。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

薬師寺【やくしじ】

栃木県河内郡南河内町(現・下野市)にあった寺。国指定史跡。天武天皇の創建と伝え,東大寺,筑紫の観世音寺と並んで日本三戒壇の一つ。道鏡が流され別当となった。のち荒廃。
→関連項目戒壇古都奈良の文化財

薬師寺【やくしじ】

奈良市西ノ京にある法相宗大本山。南都七大寺の一つ。680年天武天皇の発願により高市郡岡本木殿に創建(本薬師寺),平城遷都に伴って718年現在の地に移り大伽藍(がらん)を形成したが,973年金堂,東塔,西塔を残して焼失。
→関連項目月光菩薩蟹満寺行基興福寺最勝会三重塔飾磨津四神高田好胤西ノ京日光菩薩日本霊異記白鳳時代白鳳文化仏国寺裳階薬師

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

薬師寺

奈良県奈良市にある寺院。創建は680年。法相宗大本山、本尊薬師如来。創建時に建てられた東塔は国宝に指定。「古都奈良の文化財」の一部としてユネスコの世界文化遺産に登録。南都七大寺のひとつ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やくしじ【薬師寺】

栃木県河内郡南河内町にあった寺。創建年次は諸説あるが,天武天皇のときとする説が有力である。761年(天平宝字5)に戒壇院が設置され,東大寺戒壇院,筑前国観世音寺と並んで,三戒壇の一つとして坂東10ヵ国の僧侶の受戒に大きな役割を担った。754年(天平勝宝6)に大和国薬師寺僧行信が当寺に配流,770年(宝亀1)には道鏡が造薬師寺別当として左遷された。9世紀中ごろには七大寺に比すべき伽藍の形態をそなえ,大きな経済力を有していたが,以後徐々に衰退して廃寺となった。

やくしじ【薬師寺】

奈良市西ノ京町にある法相宗の大本山。南都七大寺・十五大寺の一つ。680年(天武9)天武天皇が皇后の病全快を祈って建立を発願し,持統天皇を経て698年(文武2)藤原京に創建を終わったが,710年(和銅3)の平城遷都にともない,718年(養老2)に平城右京六条二坊に移建された。これが現在の薬師寺であり,旧地(現,奈良県橿原市)を本(もと)薬師寺という。移転後の伽藍地は東西3町,南北4町にわたり,金堂,東西両塔,講堂をはじめ,三面僧坊,経楼,食堂(じきどう)や大炊院,温室院,苑院があり,いわゆる薬師寺式伽藍配置の典型を示していた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

やくしじ【薬師寺】

奈良市西京町にある寺。法相宗の大本山。七世紀末に天武天皇の遺勅により藤原京に建立され、718年平城遷都により現在地に移る。藤原京の寺は橿原市木殿町にあり、本もと薬師寺と呼ばれて存続している。伽藍配置は、中門と講堂をつないだ回廊内に金堂と三重の東西両塔を置いている。薬師三尊像・聖観音像・吉祥天画像などのすぐれた仏像を蔵する。 → 伽藍配置

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の薬師寺の言及

【戒壇】より

…日本では,754年(天平勝宝6)4月に東大寺大仏殿前に,唐僧鑑真一行によって,仮設の戒壇が造築され,聖武上皇・光明皇太后など400余人が登壇受戒したのが初例で,翌年10月に大仏殿の西方に常設の戒壇を中心とする院が設けられた。761年(天平宝字5)に下野国の薬師寺と筑前国の観世音寺に戒壇が創建され,〈天下の三戒壇〉といわれた。平安時代に至って,最澄は比叡山延暦寺に大乗戒壇の建立を企て,僧綱との間に論争が展開され,没後7日の822年(弘仁13)6月に勅許された。…

【奈良時代美術】より

…法隆寺の銅造夢違観音像は,頭飾や瓔珞(ようらく)など初唐様を受容しながら,優美に整えられた微妙な像容の表現に,日本的情趣さえ感ずる。薬師寺の薬師三尊像は,旧山田寺仏頭や当麻寺弥勒仏の隋・唐様式よりも,より完成された初唐様式を有するため,造立年代については諸説ある。ここでは川原寺塑像の初唐様式の先進性や,法隆寺金堂壁画との類似などから,一応藤原京本尊説,すなわち688年(持統2)ころをとることにする。…

【南都七大寺】より

…677年(天武6)の大官大寺に始まる大寺制は,四大寺,五大寺と発展し,756年(天平勝宝8)5月に七大寺の名が初見する。8世紀後半に西大寺が創建されるに及んで,東大寺,大安寺,興福寺,元興(がんごう)寺,薬師寺,法隆寺,西大寺を七大寺と称するにいたった。大寺の造営にはそれぞれ官営の造寺司を設けてことに当たり,経営維持のため莫大な封戸・荘地が施入され,別当や三綱が寺・寺僧の運営指導に当たった。…

【仏足石】より

…その存在はスリランカ,ミャンマー,タイなどの南方(小乗)仏教圏においても,またネパール,中国,朝鮮,日本などの大乗仏教圏においても,報告されている。日本では,奈良の薬師寺に現存する仏足石が最古のもので,その銘によると,753年(天平勝宝5)に造られたもので,その原型は唐の王玄策がインドの鹿野苑(ろくやおん)にあった仏足跡を写して長安に持ち帰ったものをさらに模写したものであるという。この銘とともに刻まれている歌は,〈仏足石歌〉として知られている。…

【本薬師寺】より

…680年(天武9)11月に皇后,後の持統天皇の病気平癒を祈って勅願によって営まれた官寺,薬師寺。現在,奈良県橿原市城殿町に金堂と塔の遺構が残っている。…

※「薬師寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

薬師寺の関連キーワード和歌山県伊都郡かつらぎ町御所滋賀県東近江市八日市清水茨城県東茨城郡城里町石塚愛知県丹羽郡大口町上小口宮崎県東諸県郡国富町深年奈良県橿原市城殿町栃木県下野市薬師寺薬師寺次郎左衛門千葉県成田市船形下野薬師寺歴史館山口県長門市俵山奈良県奈良市隆雅(2)仏足石の歌南都鏡神社二十五大寺橋本 凝胤高田 好胤西岡 常一行信(2)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薬師寺の関連情報