建久図田帳(読み)けんきゅうずでんちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建久図田帳
けんきゅうずでんちょう

建久年間 (1190~99) 作成された一国単位の土地台帳。一国内の荘園,公領すべての田数および領主,特に地頭を詳細に記載させたもので,記載様式から幕府側大田文 (おおたぶみ) の代表といえる。これらの図田帳は,すべて,幕府の命を受けた守護の指揮下に国衙在庁官人により作成上申されたもので,作成の目的は,地頭補任の状態の調査だけでなく,御家人役賦課にもあった。薩摩,大隅,日向3国のものの写しが伝えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android