コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建治三年日記 けんじさんねんにっき

1件 の用語解説(建治三年日記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けんじさんねんにっき【建治三年日記】

鎌倉幕府評定衆・問注所執事三善康有が記した公務日記抄。記事は1277年(建治3)1年間にわたっているが,抄録のため68日分しかない。文永・弘安の間の緊張した時局を知る好史料。抄録原本は金沢文庫より1677年(延宝5)前田綱紀の手に入り,現在尊経閣文庫が所蔵。成立事情は不明,あるいは《吾妻鏡》編纂のための史料か。《群書類従》《尊経閣叢刊》《続史料大成》に収載。【青山 幹哉】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

建治三年日記の関連キーワード問注所太田貞連太田時連太田康有太田康宗善康長町野康持三善康連三善康俊三善康持

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone