コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建部武彦 たてべ たけひこ

2件 の用語解説(建部武彦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

建部武彦 たてべ-たけひこ

1820-1865 幕末の武士。
文政3年生まれ。筑前(ちくぜん)福岡藩士。元治(げんじ)元年第1次幕長戦争の際,福岡藩の正使として萩(はぎ)藩,幕府軍双方の説得にあたり,また萩藩と鹿児島藩の和解にもつとめた。帰藩後藩論が佐幕にかわり,慶応元年10月25日切腹させられた。46歳。名は自強。通称は別に孫左衛門

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

建部武彦

没年:慶応1.10.25(1865.12.12)
生年:文政3(1820)
幕末の筑前国福岡藩士。初め源兵衛,孫左衛門。名は自強。自福の長男。弘化2(1845)年家督を相続。家禄700石。大組頭,陸士頭,無足頭を勤め,嘉永6(1853)年御用聞役に任ぜられる。元治1(1864)年第1次長州征討の際,長州(萩)藩と征長軍総督徳川慶勝の間を周旋。また都落ちをして長州に身を寄せていた尊攘派公家三条実美ら5卿が,太宰府に引き移れるべく尽力した。翌慶応1(1865)年帰藩するも藩論は一変,佐幕派が主流を占め,加藤司書ら勤王党を救い切れず,逆に「私曲を企て国法を犯す」との罪で自宅禁固ののち,福岡城下安国寺で切腹を命ぜられた。なお子の小四郎は明治10(1877)年,不平士族を糾合して西南戦争に呼応し斬首されている。

(岩下哲典)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

建部武彦の関連キーワード黒田長知愚連堂凹伊藤清兵衛尾形探香坂本源兵衛月形洗蔵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone