建除(読み)けんじょ

精選版 日本国語大辞典の解説

けん‐じょ ‥ヂョ【建除】

〘名〙 古代中国で、北斗七星の指す方角を月別に表示した一二の語。建・除・満・平・定・執・破・危・成・収・開・閉。のちに暦家がこの語を利用して一二日ごとに循環するものとし、干支と合わせてそれによって日の吉凶をいうようになり、建除十二神と呼んだ。日本では、古く奈良・平安時代の具注暦に見えるが、室町・江戸時代の仮名暦では、十二直、十二客と呼んでその吉凶を暦の中段に記入し、大いに流行した。〔遼史‐暦象志下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる