コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廿世紀之怪物帝国主義 にじっせいきのかいぶつていこくしゅぎ

2件 の用語解説(廿世紀之怪物帝国主義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

廿世紀之怪物帝国主義
にじっせいきのかいぶつていこくしゅぎ

幸徳秋水の著書。 1901年刊。日清戦争後のナショナリズムと軍事外交政策に反対し,日本帝国主義の実態をリアルに分析した幸徳の処女出版である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

廿世紀之怪物帝国主義
にじっせいきのかいぶつていこくしゅぎ

幸徳秋水(こうとくしゅうすい)著。1901年(明治34)4月警醒(けいせい)社刊。レーニンらに先んじて近代帝国主義を論じた先駆的著作。日清(にっしん)戦争後のナショナリズムの高まりに抗して、帝国主義の本質を「愛国心を経(たていと)とし軍国主義を緯(よこいと)とす」と鋭く指摘し、偏狭な愛国心と野蛮な軍国主義によりペストのように流行する侵略を、欧米や日本の実態に即して論断する。帝国主義の「大清潔法」として志士義人の奮起を求め、世界的大革命の運動を開始せよと結んでいる。[荻野富士夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

廿世紀之怪物帝国主義の関連キーワード幸徳秋水比志島義輝平民社眠れる獅子非戦論岸上克己小山久之助古河力作《壮絶快絶日清戦争》《日清戦争実記》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone