コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

式乾門院御匣 しきけんもんいんの みくしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

式乾門院御匣 しきけんもんいんの-みくしげ

?-? 鎌倉時代の歌人。
久我通光(こが-みちみつ)の娘。式乾門院(四条天皇の准母)の女房。院の没後,その妹の安嘉門院(後堀河天皇の准母)につかえて三条とよばれた。「続後撰和歌集」以下の勅撰集に52首のる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

式乾門院御匣

生年:生没年不詳
鎌倉時代の歌人。太政大臣源通光の娘。初め式乾門院に仕えて御匣と呼ばれる。建長3(1251)年式乾門院の没後,同母妹の安嘉門院に出仕,三条または単に御方と呼ばれたらしい。安嘉門院に四条として仕えた阿仏尼と親しく,『十六夜日記』に鎌倉滞在中の阿仏尼との贈答が記されている。弘長3(1263)年の『住吉社歌合』『玉津島歌合』『弘安百首』などに出詠。『続後撰集』以下の勅撰集に52首入集。宮仕えの場では名門出身の上臈女房として特に重んぜられ,かつ歌壇においても歌人として高く評価されていたらしい。

(田渕句美子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

式乾門院御匣の関連キーワード久我通光

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android