コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久我通光 こが みちみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久我通光 こが-みちみつ

1187-1248 鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
文治(ぶんじ)3年生まれ。源通親(みちちか)の3男。母は藤原範子(はんし)。村上源氏の嫡流をつぐ。承久(じょうきゅう)元年内大臣となるが,承久の乱後に辞任。寛元4年(1246)後嵯峨(ごさが)上皇のもとで太政大臣となる。従一位。琵琶(びわ)の名手で,歌人としても知られ,「新古今和歌集」以下の勅撰集におおくの歌がおさめられている。宝治(ほうじ)2年1月18日死去。62歳。号は後久我。
【格言など】みしま江や霜もまだひぬ芦の葉につのぐむほどの春風ぞ吹く(「新古今和歌集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

久我通光

没年:宝治2.1.18(1248.2.14)
生年:文治3(1187)
鎌倉前中期の公卿。後鳥羽院近臣村上源氏の久我(土御門)内大臣通親の3男。母は藤原範兼の娘,従三位範子。母が後鳥羽上皇の乳母で在子(のちの承明門院)の母でもあったため,順調に出世,異母兄の通具を越えて村上源氏の嫡流を継ぐ。僅か8歳で侍従となり,元久1(1204)年権中納言,のちに権大納言,右大将を経て承久1(1219)年内大臣となる。しかし承久の乱(1221)で譴責を受けて数年間籠居,のちに姪に当たる源通子を母とする後嵯峨上皇のもとで,寛元4(1246)年太政大臣・従一位にのぼった。琵琶に優れたことが『文机談』をはじめ諸書にみえ,歌人としても知られている。

(土谷恵)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

久我通光の関連キーワード式乾門院御匣西蓮(1)藤原範子覚信尼

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android