コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久我通光 こが みちみつ

2件 の用語解説(久我通光の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久我通光 こが-みちみつ

1187-1248 鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
文治(ぶんじ)3年生まれ。源通親(みちちか)の3男。母は藤原範子(はんし)。村上源氏の嫡流をつぐ。承久(じょうきゅう)元年内大臣となるが,承久の乱後に辞任。寛元4年(1246)後嵯峨(ごさが)上皇のもとで太政大臣となる。従一位。琵琶(びわ)の名手で,歌人としても知られ,「新古今和歌集」以下の勅撰集におおくの歌がおさめられている。宝治(ほうじ)2年1月18日死去。62歳。号は後久我。
【格言など】みしま江や霜もまだひぬ芦の葉につのぐむほどの春風ぞ吹く(「新古今和歌集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

久我通光

没年:宝治2.1.18(1248.2.14)
生年:文治3(1187)
鎌倉前中期の公卿。後鳥羽院の近臣。村上源氏の久我(土御門)内大臣通親の3男。母は藤原範兼の娘,従三位範子。母が後鳥羽上皇の乳母で在子(のちの承明門院)の母でもあったため,順調に出世,異母兄の通具を越えて村上源氏の嫡流を継ぐ。僅か8歳で侍従となり,元久1(1204)年権中納言,のちに権大納言,右大将を経て承久1(1219)年内大臣となる。しかし承久の乱(1221)で譴責を受けて数年間籠居,のちに姪に当たる源通子を母とする後嵯峨上皇のもとで,寛元4(1246)年太政大臣・従一位にのぼった。琵琶に優れたことが『文机談』をはじめ諸書にみえ,歌人としても知られている。

(土谷恵)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

久我通光の関連キーワード七条院千五百番歌合五十番歌合貞次久国後鳥羽院後鳥羽院御口伝四条隆親坊門親信坊門信清

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone