コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安嘉門院 あんかもんいん

6件 の用語解説(安嘉門院の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安嘉門院
あんかもんいん

[生]承元3(1209).京都
[没]弘安6(1283).9.4. 京都
高倉天皇の皇子守貞親王 (後高倉院) の王女。諱は邦子,母は藤原陳子。承久3 (1221) 年,後堀河天皇の母儀に准じて立后宣下。皇后と尊称された。元仁1 (24) 年院号宣下。嘉禎1 (35) 年落飾,尼となり,正如覚と称した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あんか‐もんいん〔‐モンヰン〕【安嘉門院】

[1209~1283]高倉天皇の皇子守貞親王の王女。後堀河天皇准母(じゅんぼ)。父から譲られた八条院領は、のちに大覚寺統の重要な所領となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安嘉門院 あんかもんいん

1209-1283 鎌倉時代,後高倉院の皇女。
承元(じょうげん)3年生まれ。母は北白河院。承久(じょうきゅう)3年内親王となり,同母弟の後堀河天皇の准母として皇后位につく。貞応(じょうおう)3年院号をうけ,文暦(ぶんりゃく)2年出家。父よりゆずられた八条院領は亀山天皇に,さらに後年後醍醐(ごだいご)天皇につたわる。弘安(こうあん)6年9月4日死去。75歳。名は邦子(ほうし)。法名は正如覚。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

安嘉門院

没年:弘安6.9.4(1283.9.26)
生年:承元3(1209)
鎌倉中期の女院。八条院領を継承したことで知られる。後高倉上皇の第3皇女。名は邦子。母は権中納言藤原基家の娘,北白河院。承久3(1221)年の承久の乱後,同母弟の後堀河天皇が推戴されると,その4カ月後の同年11月,内親王となり,翌月天皇の准母として皇后宮に立てられた。元仁1(1224)年8月,院号宣下。文暦2(1235)年5月,出家。膨大な皇室領荘園である八条院領は承久の乱後,後高倉上皇が管領したが,上皇はそのほとんどを邦子(当時皇后宮)に譲与した。その結果,有名な歌人の藤原定家ら以前八条院(鳥羽の娘)に仕えていた者が,安嘉門院に仕えるようになった。弘安6(1283)年,姪の室町院(後堀河の娘)に所領を譲って没したが,当時の治天の君である亀山上皇が安嘉門院の猶子だったことから幕府に働きかけて,これを取得することに成功した。かくして八条院領は大覚寺統の有力な財源となった。

(秋山喜代子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あんかもんいん【安嘉門院】

1209~1283) 後堀河天皇の准母じゆんぼ。名は邦子。高倉天皇の皇子守貞親王の娘。1224年、院号宣下。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安嘉門院
あんかもんいん
(1209―1283)

後高倉(ごたかくら)院の皇女。名は邦子。母は中納言(ちゅうなごん)藤原基家(もといえ)の女(むすめ)北白河院陳子。1221年(承久3)同母弟の後堀河(ごほりかわ)天皇の准母として立后の宣下(せんげ)を受け、ついで1224年(元仁1)院号宣下を受け、安嘉門院と名のる。1235年(嘉禎1)出家。法名は正如覚。多数の所領からなる八条院領を後高倉院から譲り受け、それを亀山(かめやま)天皇に伝えた。これはやがて後醍醐(ごだいご)天皇に伝えられることになる。[山本博也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の安嘉門院の言及

【八条院】より

…そのとき(1221)の目録によると荘園数はさらに増加し,庁分79,安楽寿院領48,歓喜光院領26,蓮華心院領15,智恵光院領5,真如院領10,弘誓院領8,禅林寺今熊野社領3,〈新御領〉2,〈京御領〉21,祈禱所4などとなっている(〈三宝院文書〉)。23年(貞応2)後高倉院は死の直前,その女安嘉門院邦子に八条院領のすべてを譲った。83年(弘安6)安嘉門院は死去,膨大な荘園は後堀河天皇の女室町院の手中に入ろうとした。…

※「安嘉門院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

安嘉門院の関連キーワード八条院室町院春華門院蘇原御厨八条院領日本航空の経営統合八条院三位局八条院高倉六角泰綱七条院領

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone