コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

式亭小三馬 しきてい こさんば

2件 の用語解説(式亭小三馬の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

式亭小三馬

江戸後期の戯作者。通称菊地虎之助。名は徳基。式亭三馬の男。13才より草雙紙を著せり。嘉永6年(1853)歿、42才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

式亭小三馬 しきてい-こさんば

1812-1853 江戸時代後期の戯作(げさく)者。
文化9年生まれ。式亭三馬の子。江戸本町の家業の売薬店をつぐ。文政12年の「娘暦振袖初」をはじめとして,おおくの合巻を発表した。嘉永(かえい)6年1月11日死去。42歳。姓は菊地。名は徳基。通称は虎之助,大輔。別号に本町庵。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の式亭小三馬の言及

【式亭三馬】より

…幼くして戯作を好み,書肆堀野屋に奉公し,またおなじく万屋(よろずや)に聟入りしたこともあり,戯作の修業を積んだ。のち旧主堀野屋の妹と結婚して虎之助(式亭小三馬)をもうけ,日本橋本町に化粧品・売薬店を経営して化粧水〈江戸の水〉,売薬〈仙方延寿丹〉などを売り出して成功するなど,商才もあった。 1794年(寛政6)刊の《天道浮世出星操(てんどううきよのでづかい)》を処女作とする黄表紙では,火消人足の喧嘩に取材して筆禍事件を起こした《俠太平記向鉢巻(きやんたいへいきむこうはちまき)》(1799)また草双紙の変遷を巧妙に扱った《稗史億説年代記(くさぞうしこじつけねんだいき)》(1802)などが有名である。…

※「式亭小三馬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

式亭小三馬の関連キーワード戯作者赤城山人華街桜山人鶴鳴堂主人紀尾佐丸昇亭岐山立川銀馬瓢亭百成三浦錦二三熊野文丸

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone