コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

式亭小三馬 しきてい こさんば

美術人名辞典の解説

式亭小三馬

江戸後期の戯作者。通称菊地虎之助。名は徳基。式亭三馬の男。13才より草雙紙を著せり。嘉永6年(1853)歿、42才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

式亭小三馬 しきてい-こさんば

1812-1853 江戸時代後期の戯作(げさく)者。
文化9年生まれ。式亭三馬の子。江戸本町の家業の売薬店をつぐ。文政12年の「娘暦振袖初」をはじめとして,おおくの合巻を発表した。嘉永(かえい)6年1月11日死去。42歳。姓は菊地。名は徳基。通称は虎之助,大輔。別号に本町庵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の式亭小三馬の言及

【式亭三馬】より

…幼くして戯作を好み,書肆堀野屋に奉公し,またおなじく万屋(よろずや)に聟入りしたこともあり,戯作の修業を積んだ。のち旧主堀野屋の妹と結婚して虎之助(式亭小三馬)をもうけ,日本橋本町に化粧品・売薬店を経営して化粧水〈江戸の水〉,売薬〈仙方延寿丹〉などを売り出して成功するなど,商才もあった。 1794年(寛政6)刊の《天道浮世出星操(てんどううきよのでづかい)》を処女作とする黄表紙では,火消人足の喧嘩に取材して筆禍事件を起こした《俠太平記向鉢巻(きやんたいへいきむこうはちまき)》(1799)また草双紙の変遷を巧妙に扱った《稗史億説年代記(くさぞうしこじつけねんだいき)》(1802)などが有名である。…

※「式亭小三馬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

式亭小三馬の関連キーワード八百八町表裏 化粧師戯作

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android