コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引き入る ヒキイル

デジタル大辞泉の解説

ひき‐い・る【引き入る】

[動ラ四]
ひっこむ。ひきさがる。
「見合はせ給へる御顔、いと赤うなりながら、わざと―・りなどせさせ給はず」〈狭衣・三〉
人から隠れる。ひきこもる。
「物しめやかに―・り給へるを」〈・紅梅〉
控えめに振る舞う。遠慮する。
「ひとへに物づつみし、―・りたる方はしも」〈末摘花
息が絶える。
「まさしき最後にて―・らせ給ひにけりとぞ」〈愚管抄・四〉
車を内に入れる。
「御車あり…―・りて寄すると」〈落窪・二〉
[動ラ下二]ひきいれる」の文語形。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひきいる【引き入る】

( 動四 )
奥の方に入る。退く。引きこもる。 「姫君は東面に-・りて大殿籠りにけるを/源氏
表面に出ないようにする。態度が控え目である。 「上﨟中﨟のほどぞ、あまり-・り上衆ぞうずめきてのみ侍るめる/紫式部日記」
声や息が細くなって消える。息を引き取る。 「 - ・りながらほのかにのたまふ/源氏 橋姫
車などを引いて中に入る。 「大津のいとものむつかしき屋どもの中に-・りにけり/蜻蛉
( 動下二 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone